アムウェイやニュースキンのサプリメント

マルチレベルマーケティング(MLM)のサプリメントは高い

広告費がかからないから安いはウソ!

サプリメント広告

実は、マルチ商法と呼ばれるサプリメントについても、触れる機会がありましたので、私なりの見解を述べさせていただきます。

 

具体的に話を聞いたのは、アムウェイ社の「ニュートリライト」、ニュースキン社の「ライフパックナノ」、ライフプラス社の「ライフプラス」の3点です。
これらについての結論ですが、製品自体は悪いものではないかもしれません。
すべてではないですが、天然由来のものを使用しており、安全性も高いでしょう。

 

ただし、一番の問題はサプリメントにかかわる費用です。
めちゃくちゃ高い!

 

ディストリビューターと呼ばれる、これらの製品を販売する方が言うには、テレビCMや雑誌などで広告を行わない分、価格が非常に安くなっている、または原料にお金をかけて高品質な製品を製造していると説明しますが、そんなことはありません。
確かに15秒のテレビCMを1回流すのに数百万円かかったり、雑誌や新聞でも数十万円かかりますが、それ以上にディストリビューターと呼ばれる販売・仲介者に利益が還元されているんです。

 

DHCが37%に対し、ニュースキンは半分以下16%の原価率

サプリメント原価

日本のサプリメントメーカーの大手である、「DHC」
「DHC」は製品の原価率が約37%であると発表しています。
「ファンケル」もほぼ同様で原価率は約32%です。

 

一方で、マルチ業界No.2の「ニュースキン」は原価率が20%を下回っていると発表しています。
ニューススキン社は株式上場しているため有価証券報告書と呼ばれる資料が金融庁のEDINET(http://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)に公開されているんです。

 

ニュースキン原価

 

それぞれの原価率を計算すると
2009年:24652÷134676=約18%
2010年:27565÷155540=約17%
2011年:32643÷176457=約18%
2012年:35732÷219527=約16%

 

また、原価率とは別に売上高が増加していることがわかるかと思います。
なんだ、やっぱり売れてるんだと思うかもしれませんが、
残念ながらこの数字はアメリカや中国を含めた値のため、日本のニュースキンの売上高は実は減少しているのです。
私は一度説明会に参加しましたが、日本の売上が下がっているという事実は聞かされませんでした。

 

詳細は同じくEDINET(http://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)から閲覧できるので、興味があれば確認してみてくださいね。
一部は↓に載せておきますね。韓国の売上が増加しているのに対し、日本は減少傾向にあります。

 

ニューススキン売上減少 

 

もし、それでもアムウェイやニュースキンを含めたネットワークビジネスに新たに参入することを考えているのであれば、ほぼ将来性は無いことを覚悟しておいた方がいいかと思います。

 

少し話は脱線しましたが、説明会で聞いていた話と違う点が多々ありましたので、どこまでが正確な情報なのかがわからないのがアムウェイやニュースキンなどのネットワークビジネスのサプリメントかと思います。

 

このような背景からもMLMのサプリメントは私はあまりお勧めしません。
原価が安い割にはどうしても値段が高く、費用対効果が合わないからです。

 

次はサプリメントは食品ということで「アレルギーにも注意しなければいけない」ということを紹介します。

⇒BACK:外国製サプリメントは危険

 

⇒NEXT:サプリメントでアレルギー?

あなたにオススメのページ

サプリメントの原料って何?
みなさんサプリメントは天然品が良いと思っていませんか?みなさんが普段から飲んでいるお薬は合成品であることはご存じですか?そんな合成品のお薬が身体によく効いた経験はありませんか?成分にもよりますが、ビタミンCについては天然品も合成品も全く同じものです。では、天然品と合成品は何が違うのか?どちらが良いのかを詳しく見てみましょう。
実はサプリメントは粗悪品だらけ
外国製サプリメントはオススメしない
一部の人には外国製のサプリメントが好まれていますが、あまり安易に手を出すべきではないと考えています。含有量が日本より多く、医薬品成分が入っていたり、副作用があるのに販売されていたりと危険際がかなり高いものになります。今回は外国製サプリメントの危険性を詳しく解説します。
サプリメントのアレルギー
サプリメントは医薬品よりも多くの成分や添加物を含む可能性があるため、アレルギー体質の方はより一層アレルギーに注意しなければなりません。医薬品と同様、注意すべきは成分(栄養素)についてと添加物についてです。それぞれ、どういった点に注意すべきかを確認してみましょう。
サプリメントの摂り過ぎも良くない
サプリメントは食品だから摂り過ぎても大丈夫。なんてことはありません!真っ赤なウソです!摂り過ぎによる副作用も多く報告されています。水溶性のもの、例えばビタミンCは特に摂り過ぎても問題ないと言われていますが、最近は見解がわかれています。今回はビタミンCの摂り過ぎによる腎臓への影響について紹介します。
サプリメントの適量
サプリメントの適量を知るのは非常に難しいです。なぜなら、どんな食事をどれだけ摂っているか?またそれらの食事にどれだけの栄養素が入っているかによってきますから。それでは、サプリメントの適量とはどのくらいなのか?一緒に考えていきましょう。

 
TOP