サプリメントの個人輸入は危険

外国製サプリメントはオススメしない

なぜ外国製サプリメントはダメなのか?

外国製サプリメント

海外製のものは基本的には手を出すべきではありません。
理由は3つです。

  1. 日本人と外国人は食文化、必要栄養量が異なる
  2. これまでに多くの医薬品成分混入製品が報告されている
  3. 副作用が報告されていても、日本で平然と販売されている

 

1.日本人と外国人は食文化、必要栄養量が異なる

1については、洋食・和食というように食文化が全く異なります。
もちろん、体型も違いますよね。
こういった違いから、例えば糖尿病のお話をしましょう。

 

アメリカ人は日本人と比べて圧倒的に肥満の方が多いことは皆さんもご存じでしょう!
しかし、糖尿病になるリスクは痩せている日本人の方が高いとされています。
(BMI30超えがアメリカは23%に対し、日本は数%だけ)
これも体質の話で、日本人はインスリンを出しにくい体質のため、太る前に糖尿病になってしまうんです。

 

また、くすりの世界で言われているのが、ミネラル(カルシウム・マグネシウム)の問題です。
日本のお水は軟水と呼ばれるミネラル分が少ないお水です。
一方、ヨーロッパでは硬水と呼ばれるミネラル分が豊富なお水を使用しています。

 

さて、そのために何が違うかというと、日本人はほとんどの栄養素が必要量摂れているんですが、ミネラル分はかなり不足しています。
骨粗しょう症や便秘はミネラルの影響を受けるため、これらの患者数が方が多いのは、日本のお水が軟水だからと一部では言われてるくらいです。

 

2.これまでに多くの医薬品成分混入製品が報告されている

2については、海外では何の規制がなくても、日本では禁止されている成分が混入しているケースがあります。
混入というよりは意図的に混ぜているものもあることでしょう。
多いのがダイエットのためのサプリメントや、夜の生活を改善するといったサプリメントに医薬品サプリメントを混入しているケースですね。

 

また、日本では信じられないことですが、「偽薬」と呼ばれる薬として販売されていても全く成分が入っていないものも海外では出回っています。

 

3.副作用が報告されていても、日本で平然と販売されている

3については、こちらをご覧ください。

 

たまたま発見したサプリメントのハイドロキシカット(Hydroxycut)と呼ばれる、脂肪燃焼ダイエタリーサプリメントです。
このハイドロキシカットはアメリカの製品で、主に20代のアスリート選手が自分の身体を作るために使われていたサプリメントです。

 

しかし、2009年、度重なる肝臓に対する副作用が報告され、製造メーカーは製品を自主回収しています。
日本においても、そのニュースは報告されているのですが、いまだにこの製品はインターネット上で販売されています。

 

もちろん副作用が出るのは、ごく少数でしょうが、自主回収まで行った製品が平然と販売されている実情はどうかと思いますよね。

 

以上の3点より、海外のものにも良い製品はありますが、個人輸入はリスクが高くなるため私はオススメしていません。

 

次はその海外のものと関係深い、アムウェイやニュースキンといったマルチレベルマーケティング(MLM)のサプリメントの実態を紹介します。

 

⇒BACK:粗悪品だらけのサプリメント

 

⇒NEXT:アムウェイ・ニュースキンと言ったマルチの製品は高すぎる

あなたにオススメのページ

サプリメントの原料って何?
みなさんサプリメントは天然品が良いと思っていませんか?みなさんが普段から飲んでいるお薬は合成品であることはご存じですか?そんな合成品のお薬が身体によく効いた経験はありませんか?成分にもよりますが、ビタミンCについては天然品も合成品も全く同じものです。では、天然品と合成品は何が違うのか?どちらが良いのかを詳しく見てみましょう。
実はサプリメントは粗悪品だらけ
マルチレベルマーケティング(MLM)のサプリメントは高い
マルチと言われるアムウェイやニュースキンの製品そのものは良いと言われていますが、最大の問題点は価格です。広告費が必要ないため非常に安いというのは全くの嘘であり、原価はサプリメント市場でも非常に低い部類に入ります。ニュースキンについては、原価率が公に公開されていますので、実際の原価を他社と比べてみましょう。
サプリメントのアレルギー
サプリメントは医薬品よりも多くの成分や添加物を含む可能性があるため、アレルギー体質の方はより一層アレルギーに注意しなければなりません。医薬品と同様、注意すべきは成分(栄養素)についてと添加物についてです。それぞれ、どういった点に注意すべきかを確認してみましょう。
サプリメントの摂り過ぎも良くない
サプリメントは食品だから摂り過ぎても大丈夫。なんてことはありません!真っ赤なウソです!摂り過ぎによる副作用も多く報告されています。水溶性のもの、例えばビタミンCは特に摂り過ぎても問題ないと言われていますが、最近は見解がわかれています。今回はビタミンCの摂り過ぎによる腎臓への影響について紹介します。
サプリメントの適量
サプリメントの適量を知るのは非常に難しいです。なぜなら、どんな食事をどれだけ摂っているか?またそれらの食事にどれだけの栄養素が入っているかによってきますから。それでは、サプリメントの適量とはどのくらいなのか?一緒に考えていきましょう。

 
TOP