合成サプリメントより天然サプリメントが良いわけではない

合成サプリメントが悪いは間違い

天然合成サプリ

一般的には、天然サプリメントが良く、合成サプリメントは悪いと言われていますが、実際は違います。

 

結論をまず申しましょう!

天然サプリメントの方が合成サプリメントより優れているケースが多いです。
しかし、合成サプリメントが悪いというのは間違い
価格と効果の面からは、私は合成の医薬品(合成サプリメントではない)をオススメします!

 

合成のビタミンCと天然のビタミンCを比べてみる

ビタミンC

例えば、ビタミンCと言っても世の中にはビタミンC(天然品)、ビタミンC(合成品)の2つがあります。
もちろんみなさんは同じビタミンCなら天然品が良いと思うでしょう。

 

天然品と合成品どちらがいいのか?
これを確認する場合、①製品②成分で考えるのです。

 

①製品はビタミンC(天然品)、ビタミンC(合成品)のため異なります。
 よってこの場合、効果を比較する際はそれぞれADMEもA=吸収の試験が必要になります。
  ⇒ADMEについてはコチラ

 

②成分としてはどちらもビタミンCです。
 体の中に入ってしまえば、あとは同じように血液で運ばれ→代謝→排泄を受けます。
 天然であろうが合成であろうが同じことなのです。

 

天然合成ビタミンC 

 

そのため、それぞれの製品についてのADMEのDMEを見る必要はなく、ビタミンCが体内でどう働くかということがわかればいい。
つまり、これまでにビタミンCが身体の中で○○な働きをするんですよーということがわかっていたらいいんですね。

 

まとめると

  1. ビタミンC(天然品)ビタミンC(合成品)はどの程度吸収されるか

       ⇒定量、溶出、血中濃度のデータが必要

  2. ビタミンCは効果があることが認められているのか

       ⇒臨床試験(天然品、合成品に関わらない)のデータが必要

 

天然品と合成品の話をしてきましたが、これらを比較するには1の吸収率が重要なのです。

 

しかし、天然であろうと合成であろうと吸収率や血中濃度を測定しているサプリメントメーカーは問い合わせをいろいろしてみましたが、おそらくないでしょう。

 

インターネットや一部の書籍では天然品の方が、ファイトケミカル(フィトケミカル)を含むため吸収率が良くなると記載されています。

 

実際のところ、どこまで根拠があるのかはわかりませんが、みなさんはそもそものビタミンCの吸収率をご存じでしょうか?
医薬品のビタミンCは合成品ですが、様々なデータを検証していますよ。

 

医薬品のビタミンCは安全性も効果も確かめられています!

大塚製薬や武田薬品のサイトにビタミンCの吸収率やバイオアベイラビリティ(身体の中でどのくらいの割合使用されるかの指標)が載っています。
 
吸収率:100mgでは80〜90%吸収されましたが、5,000mgでは20.9%

[大塚製薬HP:https://www.otsuka.co.jp/health_illness/vitamin_qa/vitamin_c.htmlより]

 

 

バイオアベイラビリティ:100mg 投与で80.1 %、200mg 投与で72.0 %、500mg 投与で63.3 %

[武田薬品HP:(医療機関限定情報なので非公開とします)より]

 

医薬品はちゃんとしたデータがそろっているから安心なんですね。
これを見るとビタミンCは、そもそもの吸収率が高いんです。
つまり、わざわざ天然品を摂らなくても、安価な合成品で十分な量を摂取できるんですね。

 

天然サプリメントと合成サプリメントを比較するときの注意点

天然サプリと合成サプリを比較する際は2つ注意点があります。

 

1つ目は一般名称は同じでも化学式が違う場合もあるということです。

 

化学式なんて言われてもわからなーい(+o+)となるかもしれませんが、
グルコサミンといっても
「グルコサミン塩酸塩」
「グルコサミン硫酸塩」
「N-アセチルグルコサミン」の3種類があるというお話をしました。

 

グルコサミンについてはコチラ↓
 ⇒小林製薬に問い合わせました!グルコサミンの効果は根拠がない
 ⇒グルコサミンの効果と安全性

 

もっとざっくり言うと、イチゴという大きなくくりでは一緒ですが、
「あまおう」
「とちおとめ」
「さがほのか」と種類がいくつかあったりしますよね。

 

これと一緒でおおまかな名前は同じでも、実は中身は違う成分ということがサプリメント業界では良くあるので注意してください。

 

2つ目は最近ホールフードという新たな考え方が議論されています。

 

食材の皮や種、魚で言えば頭から内蔵・骨・しっぽまですべて食べる(Whole foods)という意味合いでホールフードと言われています。
このホールフードの特徴を生かしたサプリメントがホールフードサプリメントです。

 

次は、ホールフードサプリメントの効果についてみてみましょう!

 

⇒BACK:サプリメントの適正価格。サプリメントはこの価格なら買い!

 

⇒NEXT:ホールフードサプリメントのすすめ

Sponsored Link


あなたにオススメのページ

栄養は自炊をして食事から
サプリメントを摂ろうとする前に!サプリメントはあくまでも食事の補助を行うものです。決してサプリメントだけで栄養を摂ろうなんて思わないでくださいね。何らかの理由で、食事から十分な栄養が摂れない!という方に飲んでもらいたいのがサプリメントということをお忘れなく。
外食は害食
私も外食をする機会が非常に増えました。なるべく自炊自炊と考えているのですが、なかなかそうはいきません。そのため、サプリメントは必要な方も出てきます。外食時に一番注意しなければいけないことは、野菜などから栄養を摂るということではなく、なるべく害にならない害食を避けるということです。なぜ、外食で生野菜を食べてはいけないのか・・・確認してみましょう。
気になる油の摂り方
一般に料理で使う油とはサラダ油、オリーブオイル、ゴマ油といった感じでしょうか?さて、これら油の使い方は健康・病気を考えるにあたって重要になってきます。私は中でも、医薬品のオリブ油が価格的にも品質的にも優れているため、オススメしています。それら油の違いを見てみましょう。
本当にサプリメントが必要か?
私はサプリメントは積極的には勧めません。なぜなら、多くの人が何かしら症状の改善目的で使用しているからです。そのような方は、サプリメントではなく基本的な食事と運動、お薬によって治療を行うべきかと思います。では、どういった方にサプリメントをオススメするのか?について解説します。
サプリメントのラベル
サプリメントは薬ではありませんし、サプリメントだけ飲んでいれば健康になるというわけではありません。重要なのは、食事とサプリメントのバランスです。自分に必要なサプリメントは何か、どのくらい摂ればいいのかについて考えてみましょう。
サプリメントの適正価格

 
TOP サプリメントの品質・副作用 サプリメントに騙されている サプリメントの選び方