サプリメントもアレルギーに注意

サプリメントのアレルギー

栄養素におけるアレルギー

天然サプリメントアレルギー

食べ物やお薬にアレルギーがあるように、サプリメントにもアレルギーはもちろんあります。
食べ物でアレルギーを持っている方は特に注意してくださいね。

 

一般的に多い、牛乳アレルギーや卵アレルギー、エビ・カニアレルギーの方は特に注意が必要です。
TVショッピングなどでは購入せずに、どういったものが原料かを把握して、ちゃんと製品を理解した上で購入してください。

 

食品由来のもので注意が必要なものは、有名なものでは、マルチビタミンやグルコサミンでしょうか。
マルチビタミンは合成のものなら問題ありませんが、天然のサプリメントの場合、非常に多くの食品を使用しているはずです。

 

たとえばビタミンC。
原材料の表示を見ればわかると思いますが、天然のものの場合ビタミンCではなくアセロラ抽出物やローズヒップ抽出物と記載されています。

 

ちなみに合成品の場合はアスコルビン酸やそのままビタミンCと記載されています。
なかなか、アセロラアレルギーやローズヒップアレルギーというのはいないかと思いますが、すべて天然由来の場合はかなりの数の食品・植物を使用していますので、食物アレルギーの方は注意しましょう。

 

また、グルコサミンはエビやカニの殻から抽出されますので、比較的多いエビアレルギー・カニアレルギーの方は注意が必要です。

 

添加物によるアレルギー

サプリメント添加物

サプリメントに多くの添加物が使われているというケースは珍しくはありません。
まぁ、これはサプリメントだけに言えることではなく、薬にも多く入っていますが。

 

私が愛用している整腸剤のミヤリサン錠も酪酸菌の他に

  • 乳糖水和物
  • トウモロコシデンプン
  • タルク
  • 結晶セルロース
  • ステアリン酸マグネシウム
  • 白糖

が添加物として含まれています。

 

これらの添加物は、、

  • 賦形剤:かさを増すため(小さいと手に取りにくい)
  • 滑沢剤:滑りやすくするため(錠剤同士が湿気で引っ付いてしまう)
  • 結合剤:錠剤を固めるため(少しの衝撃で粉々になってしまう)

と呼ばれるものでほとんどの錠剤に含まれています。

 

それでは、サプリメントはどうでしょうか?
サプリメントの中には、成分があまり入っておらず、添加物が多いものがありますのでその点を見てみましょう。

 

まず避けて欲しいのはドリンク製剤
DHCの「DHCコラーゲンビューティープラス7000」の表示を示してみます。
【主要原材料】

  • コラーゲンペプチド(魚由来)
  • シトルリン
  • キチン分解物
  • ビタミンC

【調整剤等】

  • ぶどう(マスカット)
  • 還元水あめ
  • エリスリトール
  • 砂糖
  • はちみつ
  • デキストリン
  • パラチノース加熱物
  • 食塩
  • 酸味料
  • トレハロース
  • 香料
  • 甘味料(スクラロース、アセスルファムK、ソーマチン)

 

内容成分を【主要原材料】と【調整剤】2つに分けていますが、要は・・・
主要原材料=欲しい成分
調整剤=いらない成分
となります。

 

調整剤と書いてありますが、要は添加物のこと。
砂糖や食塩、安全性が疑わしい人工甘味料はなるべく摂取したくないなぁというのは、なんとなくお分かり頂けるかと思います。

 

また、これら添加物が原因のアレルギーも多数報告されています。
例えば、医薬品にも使われていますが「乳糖水和物」と呼ばれる添加物。

 

非常に安価なため、飲みやすくするために使用されるのですが、日本人の中には乳糖を身体の中で分解できない人もいます。
アレルギーとは少し違うかもしれませんが、身体に合わないため下痢症状をどうしても起こしてしまいます。

 

「DHCコラーゲンビューティープラス7000」には入っていませんが、甘味料が身体に合わず同じく下痢症状を起こし製品が回収された事例も報告されています。

 

以上より、添加物表示が多い製品はサプリメントとしてはあまり望ましくないということがお分かり頂けたのではないでしょうか。

 

次はサプリメントの摂り過ぎによる副作用について考えてみましょう!

 

 

⇒BACK:嘘だらけのニュースキンセミナー

 

⇒NEXT:サプリメントを摂りすぎると腎臓が悪くなる?

Sponsored Link


あなたにオススメのページ

サプリメントの原料って何?
みなさんサプリメントは天然品が良いと思っていませんか?みなさんが普段から飲んでいるお薬は合成品であることはご存じですか?そんな合成品のお薬が身体によく効いた経験はありませんか?成分にもよりますが、ビタミンCについては天然品も合成品も全く同じものです。では、天然品と合成品は何が違うのか?どちらが良いのかを詳しく見てみましょう。
実はサプリメントは粗悪品だらけ
私たちが普段飲んでいるサプリメントって実は効果がなかったりします。なぜ?と製造メーカーに聞いても、これは薬じゃなくて食品だからと言われる始末。だったら、膝に効いたり、痩せれそうと思う表現をしないでほしいです。 そんなサプリメント粗悪品がどのようなものかを見てみましょう!
外国製サプリメントはオススメしない
一部の人には外国製のサプリメントが好まれていますが、あまり安易に手を出すべきではないと考えています。含有量が日本より多く、医薬品成分が入っていたり、副作用があるのに販売されていたりと危険際がかなり高いものになります。今回は外国製サプリメントの危険性を詳しく解説します。
外国製サプリメントから医薬品成分が検出
外国製サプリメントからは、度々医薬品成分が検出されていますが、一体どのくらいの割合なのか?実は、毎年国立医薬品食品衛生研究所が調査を行っているのです。その結果、半分以上から医薬品成分が検出!外国製サプリメントの実態を報告します。
マルチレベルマーケティング(MLM)のサプリメントは高い
マルチと言われるアムウェイやニュースキンの製品そのものは良いと言われていますが、最大の問題点は価格です。広告費が必要ないため非常に安いというのは全くの嘘であり、原価はサプリメント市場でも非常に低い部類に入ります。ニュースキンについては、原価率が公に公開されていますので、実際の原価を他社と比べてみましょう。
高いサプリメントの業務停止命令
世の中には高いサプリメントが数多く存在します。おそらくそれらは一般に売っているサプリメントと大差はありません。そんな中750円で仕入れたサプリメントを52500円で販売していた悪質サプリメント業者が摘発されました。悪質業者の実態に迫りたいと思います。
ニュースキンのセミナー
とある勉強会があると言われて蓋を開けたらニュースキンのセミナーでした。明らかにおかしな雰囲気、異様な空間であったセミナーの内容をお伝えします。
サプリメントの摂り過ぎも良くない
サプリメントは食品だから摂り過ぎても大丈夫。なんてことはありません!真っ赤なウソです!摂り過ぎによる副作用も多く報告されています。水溶性のもの、例えばビタミンCは特に摂り過ぎても問題ないと言われていますが、最近は見解がわかれています。今回はビタミンCの摂り過ぎによる腎臓への影響について紹介します。
サプリメントの適量
サプリメントの適量を知るのは非常に難しいです。なぜなら、どんな食事をどれだけ摂っているか?またそれらの食事にどれだけの栄養素が入っているかによってきますから。それでは、サプリメントの適量とはどのくらいなのか?一緒に考えていきましょう。

 
TOP サプリメントの品質・副作用 サプリメントに騙されている サプリメントの選び方