サプリメントの適量を服用するために

サプリメントの適量

サプリメントの適量を知ろう

サプリメント適量

ではサプリメントの適量とはどのくらいなのか?
非常に難しい質問ですね。

 

なぜなら、私たちは通常、食事からかなりの量の栄養分を摂取していますが、実際どの営養素を○○mg摂取しているかと言われても、○○を正確にはわかりません。

 

例えば、日本人が不足していると言われるカルシウム
コップ1杯の牛乳には約200mgのカルシウムが入っています。

 

年齢にもよりますが、日本におけるカルシウムの推奨量はおおよそ650~800mgです。
そのため、毎日牛乳を飲んでいる方が、残りの450~600mgをサプリメントで摂取すればいい!
というわけではありません。

 

もちろん、牛乳以外にも、魚や野菜にもカルシウムは意外と含まれていますので。
ちなみに、煮干し10gには220mg、水菜150gには315mgのカルシウムが含まれています。

 

うーん、ますます自分がどれだけの栄養素を摂っているかわからなくなってきましたね(笑)
ここで登場するのが、実際にどの栄養素が足りていて、どの栄養素が不足しているかです。

 

また、アンチエイジング的にはということで、慶應義塾大学医学部教授の坪田先生は以下の量を推奨しています。

 

【アンチエイジング目的のサプリメント推奨量】

ビタミンの種類 1日の摂取量 働き
ビタミンA 10000IU 抗酸化作用
ビタミンB1 75~100mg 糖質代謝
ビタミンB2 25~60mg 眼と皮膚機能
ビタミンB3 100~150mg 糖質代謝
ビタミンB6 50~75mg 赤血球形成
ビタミンB12 200μg 神経機能
ビタミンC 1000mg 抗酸化作用
ビタミンD 2000IU 免疫、Caの吸収促進
ビタミンE 400IU 抗酸化作用
コエンザイムQ10 100mg 抗酸化作用
葉酸 800μg 赤血球形成

 

⇒BACK:サプリメントを摂りすぎると腎臓が悪くなる?

Sponsored Link


あなたにオススメのページ

サプリメントの原料って何?
みなさんサプリメントは天然品が良いと思っていませんか?みなさんが普段から飲んでいるお薬は合成品であることはご存じですか?そんな合成品のお薬が身体によく効いた経験はありませんか?成分にもよりますが、ビタミンCについては天然品も合成品も全く同じものです。では、天然品と合成品は何が違うのか?どちらが良いのかを詳しく見てみましょう。
実はサプリメントは粗悪品だらけ
私たちが普段飲んでいるサプリメントって実は効果がなかったりします。なぜ?と製造メーカーに聞いても、これは薬じゃなくて食品だからと言われる始末。だったら、膝に効いたり、痩せれそうと思う表現をしないでほしいです。 そんなサプリメント粗悪品がどのようなものかを見てみましょう!
外国製サプリメントはオススメしない
一部の人には外国製のサプリメントが好まれていますが、あまり安易に手を出すべきではないと考えています。含有量が日本より多く、医薬品成分が入っていたり、副作用があるのに販売されていたりと危険際がかなり高いものになります。今回は外国製サプリメントの危険性を詳しく解説します。
外国製サプリメントから医薬品成分が検出
外国製サプリメントからは、度々医薬品成分が検出されていますが、一体どのくらいの割合なのか?実は、毎年国立医薬品食品衛生研究所が調査を行っているのです。その結果、半分以上から医薬品成分が検出!外国製サプリメントの実態を報告します。
マルチレベルマーケティング(MLM)のサプリメントは高い
マルチと言われるアムウェイやニュースキンの製品そのものは良いと言われていますが、最大の問題点は価格です。広告費が必要ないため非常に安いというのは全くの嘘であり、原価はサプリメント市場でも非常に低い部類に入ります。ニュースキンについては、原価率が公に公開されていますので、実際の原価を他社と比べてみましょう。
高いサプリメントの業務停止命令
世の中には高いサプリメントが数多く存在します。おそらくそれらは一般に売っているサプリメントと大差はありません。そんな中750円で仕入れたサプリメントを52500円で販売していた悪質サプリメント業者が摘発されました。悪質業者の実態に迫りたいと思います。
ニュースキンのセミナー
とある勉強会があると言われて蓋を開けたらニュースキンのセミナーでした。明らかにおかしな雰囲気、異様な空間であったセミナーの内容をお伝えします。
サプリメントのアレルギー
サプリメントは医薬品よりも多くの成分や添加物を含む可能性があるため、アレルギー体質の方はより一層アレルギーに注意しなければなりません。医薬品と同様、注意すべきは成分(栄養素)についてと添加物についてです。それぞれ、どういった点に注意すべきかを確認してみましょう。
サプリメントの摂り過ぎも良くない
サプリメントは食品だから摂り過ぎても大丈夫。なんてことはありません!真っ赤なウソです!摂り過ぎによる副作用も多く報告されています。水溶性のもの、例えばビタミンCは特に摂り過ぎても問題ないと言われていますが、最近は見解がわかれています。今回はビタミンCの摂り過ぎによる腎臓への影響について紹介します。

 
TOP サプリメントの品質・副作用 サプリメントに騙されている サプリメントの選び方