サプリメントの臨床試験

サプリメントは何も調べていない

サプリメントは効果を調べる義務がない

サプリメント試験

サプリメントは残念なことに何も調べていないケースがほとんどです。
もちろん効果について調べる義務はありませんし、ヒトに対して行う試験というのは億単位かかる場合がありますので仕方ないといえば仕方ないのですが。

 

大手の製薬・サプリメントメーカーである小林製薬にグルコサミンの件で問い合わせた際に、グルコサミンの効果についてどのように確認したのか?について聞いてみました。
実際の問い合わせ内容はコチラ↓
⇒小林製薬にグルコサミン&コラーゲンキットについて問い合わせてみました

 

その問い合わせでわかったことは、実際の資料を読んだわけではありませんが、2000年くらいのデータでグルコサミンを投与した場合、膝の関節痛が楽になった気がするヒトが多かったというデータがあるそうです。

 

この資料を頂くこともできたのですが、電話で聞いた感じでは意味のない試験の可能性が高いと思いお断りしました。
というのも、おそらく薬とは違って

 

  • プラセボ効果の影響を考えていない(二重盲検法が行われていない)
  • 評価方法が患者の主観的データである(痛みの原因物質の量を測定したわけではない)

 

といった非常に質の低い試験であることは言うまでもないからです。
要は、自社製品が良く見えるような試験結果にねつ造とまでは言いませんが、信頼性に欠けるデータなんですね。

 

そのため、私たち一般消費者がラベルを見ただけで、本当に自分が望む効果があるのか?わかりやすい表示ということが求められているのです。

 

機能性表示解禁

グルコサミン

サプリメントや健康食品の「機能性表示」という言葉はご存じでしょうか?

 

例えばグルコサミンの場合、「高齢者のひざ関節をサポートします」と書くと薬事法などの違反に問われます。
実際右の写真を見ても書いてませんよね(^_^;)

 

そのため、これまでグルコサミンのCMにおいては、
ぐるぐるぐるぐるしている・・・
何も知らない方が見ると訳のわからないCMでした(笑)

 

その表示が2015年度から、新たに表示の規制緩和を行う予定なのです。
おそらく先ほどの「高齢者のひざ関節をサポートします」といった表示が可能になるのではと考えています。

 

しかし、それはすべてのグルコサミンという訳ではありません。
私たちというよりは、私が望む科学的な根拠が必要になり、サプリメントもヒトに対するデータが必要になるかもとされています。

 

サプリメントや健康食品の機能性表示の詳細についてはコチラで解説します!

 

次は、科学的根拠を示すために何を見ればいいのか?身体の中でうまく働かないサプリメントについて解説します。

 

 

⇒BACK:なぜあなたの薬は効果があったりなかったりするのか?

 

⇒NEXT:あなたのサプリメントは実は身体の中で働いていない?

Sponsored Link


あなたにオススメのページ

薬は実際に効果があるか調べている
薬とサプリメントの一番の違いは効能・効果の記載があるかでしょう。もちろん記載しているということは十分な根拠があるのも薬です。一方、忘れがちなのが副作用。薬は副作用があって危ないという一面もありますが、副作用が起こった場合、国から治療費を補助してもらえるという制度をご存じでしょうか?薬の正しい知識を身に付けて、サプリメント選びに役立ててください。
薬に効果がある理由
薬にはサプリメントと違って必ず行わないといけない試験があります。その試験内容も非常に厳密なもので、プラセボ効果といった偽薬効果を排除しなければなりません。薬ではどのような試験が行われているのかを、今回は簡単に紹介します。
分解されると意味がない-吸収・分布・代謝・排泄-
薬やサプリメントに十分な効果があるとはどうゆうことか?これらが身体の中でどのような経路をたどるかを見なければ理解できません。せっかく飲んでも吸収されなかったら?せっかく飲んでも分解されてしまったら?サプリメントに関するさまざまな疑問を解説します。
薬・サプリメントの消化
まずは消化についての話です。消化とは吸収されやすい物質に分解されることを意味しています。残念ながらサプリメントの中には、全く消化・吸収もされず便に出てしまうという粗悪品もあるんです。なぜ、サプリメントにおいて消化が大切なのかを見てみましょう。
消化されないサプリメント
サプリメントの効果が気になる方!今回は実際に効果がないサプリメントの例を紹介します。ちゃんと胃腸で溶けることがどれだけ重要か、また一度開けた後というのは品質が変わりやすいです。つまり効果が無くなるかもしれないということ。きっとサプリメントを選び方に役立つでしょう!
薬・サプリメントの吸収
次はは吸収についての話です。吸収とは細かく消化・分解された物質が血液中に取り込まれることを意味しています。残念ながらサプリメントの中には、全く吸収もされず便に出てしまうという粗悪品もあるんです。なぜ、サプリメントにおいて吸収が大切なのかを見てみましょう。
吸収されているかの確認方法
サプリメントで一番重要なのは吸収率です。ただ、99%以上の製品は吸収率までデータを取っていません。薬はほぼ100%がデータ取ってるんですけどね。ここでは薬がどのようにデータを取っているかを確認しましょう。
サプリメント選びで最も重要なこと
どのサプリメントを選んだらいいか?このサイトに来ている方は一番の悩みでしょう。同じ成分のサプリメントを選ぶ場合、今回はビタミンCについてを選ぶ場合を例に挙げて、どんな情報を集めるべきかを解説しています。
薬・サプリメントの分布
次は分布についての話です。分布とは血液中に取り込まれた薬やサプリメントを全身へ運ぶことを意味しています。分布の際には物質の大きさや油に溶ける(脂溶性)性質が重要になります。なぜなら、ただただ血液の中を巡って組織へ辿り着かなければ意味ありませんからね。このような性質を今回は解説します。
薬・サプリメントの代謝
今回は代謝についての話です。薬の代謝とは一般的な代謝とは少し違います。薬の代謝とは血液中に取り込まれた薬やサプリメントを、体外へ排出しやすい形に変えることを意味しています。薬の中には他の薬の代謝効率を上げたり、邪魔したりするものがあります。この原理をサプリメントにどう生かすかについて、今回は解説します。
腎臓の働き:尿の作り方
薬やサプリメントは尿として排泄されるケースが多いです。では、その尿ってどのように作られるのでしょうか?尿は腎臓で作られるため、腎臓が悪くなるとどうなるか?ということにも関わってきますので、確認してみましょう!
薬・サプリメントの排泄
最後は排泄についての話です。薬の排泄は一般的には腎臓で行われます。薬の飲み合わせの面で重要なのは吸収のところでも出てきたトランスポーターです。今回はセントジョーンズワートやイチョウ葉エキスとジゴキシンという薬の飲み合わせについて解説します。これを例にサプリメントを選ぶ際は、薬との飲み合わせを考慮頂ければ幸いです。
ジェネリック医薬品とは?
医療費の高騰で求められる医療費削減問題。中でも即効性のある政策としてジェネリック医薬品が長く注目されています。なぜならばお薬の値段を4割近く安くすることができるからです。そんなジェネリック医薬品がホントに効果があるのか?どうして安いのか?について解説します。
ジェネリック医薬品のメリット
ジェネリック医薬品を使う方に知ってもらいたいジェネリック医薬品のメリットを集めました。効果と価格はもちろん、より飲みやすく患者さんのためにをテーマに開発をしている製薬メーカーもあるんです。ただ安いからだけではなく、いろんな面からジェネリック医薬品を見てみましょう。
ジェネリック医薬品のデメリット
ジェネリック医薬品を使う方に知ってもらいたいジェネリック医薬品のデメリットを集めました。添加物と副作用はもちろん、私は薬のプラセボ効果も関係していると考えています。ただ安いからだけではなく、いろんな面からジェネリック医薬品を見てみましょう。

 
TOP サプリメントの品質・副作用 サプリメントに騙されている サプリメントの選び方