薬、サプリメントの吸収

吸収されているかの確認

吸収率=バイオアベイラビリティとは?

「薬は吸収されないと効果を示さない」ということはご理解いただけたかなと思います。
(腸で作用する整腸剤や便秘薬は別ですが)

 

じゃあ、どれくらい吸収されたかを測定する方法として、血液中に欲しい成分がどのくらいの量取り込まれているかを見る方法があります。
簡単に言うと吸収率です。

 

主に使われるデータが以下の4つなのでそれぞれを確認してみましょう!

 

  • 血中濃度-時間曲線下面積(略してAUC)
  • 半減期(略してt1/2)
  • 最高血中濃度(Cmax)
  • 最高血中濃度時間(Tmax)

 

これら4つの値から、吸収率=生体内使用率=バイオアベイラビリティ(生物学的利用率)が得られるのです。
飲み薬ではこれらは非常に基本的な試験で、ほとんどの薬でこれら全ての値が実証されています。

 

では、それぞれの言葉を解説していきましょう。

 

血中濃度-時間曲線下面積(略してAUC)

ここで得られた値は、少し難しいので結論だけお伝えします。

 

この値が実際に身体の中で薬として使われたすべての量になります。
これがわかると身体の中での吸収率=生体内利用率=バイオアベラビリティがわかるケースがあるんです。

 

半減期(略してt1/2)

身体の中にある薬の濃度(以後血中濃度といいます)が半分になる時間です。

 

たとえば、薬を服用して2時間後に血中濃度の値が100になりました。
血中濃度の値が50になったのは、薬を服用してから6時間後でした。

 

つまり、100→50へと血中濃度が半分になるのに6-2=4時間かかってますので、
この場合はt1/2=4時間となるわけです。

 

この半減期の時間が短いと身体の中からすぐに排出されてしまうことを意味しています。
一方で、半減期が長いと身体の中に長く薬がとどまっていることを意味しています。

 

この半減期の影響を考慮して、1日1回で十分であったり、1日3回飲まないと効果がなかったりするんですね。

 

最高血中濃度(Cmax)

字のごとく血中濃度が一番高いときの値です。
○○の量を服用すれば、Cmaxの値まで血中濃度が上がることがわかるので、適正な投与量を知ることができます。

 

先ほどの例では、Cmax=100でした。
この薬の治療域(身体の中にどのくらいあれば薬として働くかの指標)を仮に50~150の間とすれば効果があることがわかります。

 

また、治療域を50~70の間とすれば、治療域を大幅に超えていますので、副作用が出る可能性が非常に高くなるのです。

 

最高血中濃度到達時間(Tmax)

血中濃度が一番高くなる時間を最高血中濃度到達時間といいます。

 

先ほどの例では薬を服用して2時間後に血中濃度が最も高くなるので、Tmax=2時間となるわけです。
この時間がわかると、薬がいつ効き始めるのかがわかります。
先ほどの例では薬を服用して2時間後が最も薬が効いている時間ということがわかるのです。

 

これら4つの値を使用すれば、薬が身体の中にどのくらい入り(BA・AUC)、どのくらいの時間(Tmax)でどのくらいの血中濃度(Cmax)まで上昇し、どのくらいの時間で身体の中から外に出る(t1/2)のかがわかるんですね。

 

これらの値をサプリメントに応用できれば一番なのですが、残念ながら現在市場に出回っているサプリメントではこれらの試験を行っていません。
やろうと思えばできるんですが、義務もない、コストがかかるといったとこでしょうか。

 

 

⇒BACK:サプリメントで最も大事なのは吸収されるかどうか

 

⇒NEXT:サプリメントの選び方、消化と吸収が一番大事

Sponsored Link


あなたにオススメのページ

薬は実際に効果があるか調べている
薬とサプリメントの一番の違いは効能・効果の記載があるかでしょう。もちろん記載しているということは十分な根拠があるのも薬です。一方、忘れがちなのが副作用。薬は副作用があって危ないという一面もありますが、副作用が起こった場合、国から治療費を補助してもらえるという制度をご存じでしょうか?薬の正しい知識を身に付けて、サプリメント選びに役立ててください。
薬に効果がある理由
薬にはサプリメントと違って必ず行わないといけない試験があります。その試験内容も非常に厳密なもので、プラセボ効果といった偽薬効果を排除しなければなりません。薬ではどのような試験が行われているのかを、今回は簡単に紹介します。
サプリメントは何も調べていない
意外とみなさん勘違いしているんですが、サプリメントや健康食品って、実際にヒトに使ってもらって効果があることを確認していないものが99%以上です。なのでよくテレビや広告で「個人の感想です」といった文言を見かけますよね。新たに開始予定の機能性表示も含めて、なぜサプリメントは試験をしないのかについて解説します。
分解されると意味がない-吸収・分布・代謝・排泄-
薬やサプリメントに十分な効果があるとはどうゆうことか?これらが身体の中でどのような経路をたどるかを見なければ理解できません。せっかく飲んでも吸収されなかったら?せっかく飲んでも分解されてしまったら?サプリメントに関するさまざまな疑問を解説します。
薬・サプリメントの消化
まずは消化についての話です。消化とは吸収されやすい物質に分解されることを意味しています。残念ながらサプリメントの中には、全く消化・吸収もされず便に出てしまうという粗悪品もあるんです。なぜ、サプリメントにおいて消化が大切なのかを見てみましょう。
消化されないサプリメント
サプリメントの効果が気になる方!今回は実際に効果がないサプリメントの例を紹介します。ちゃんと胃腸で溶けることがどれだけ重要か、また一度開けた後というのは品質が変わりやすいです。つまり効果が無くなるかもしれないということ。きっとサプリメントを選び方に役立つでしょう!
薬・サプリメントの吸収
次はは吸収についての話です。吸収とは細かく消化・分解された物質が血液中に取り込まれることを意味しています。残念ながらサプリメントの中には、全く吸収もされず便に出てしまうという粗悪品もあるんです。なぜ、サプリメントにおいて吸収が大切なのかを見てみましょう。
サプリメント選びで最も重要なこと
どのサプリメントを選んだらいいか?このサイトに来ている方は一番の悩みでしょう。同じ成分のサプリメントを選ぶ場合、今回はビタミンCについてを選ぶ場合を例に挙げて、どんな情報を集めるべきかを解説しています。
薬・サプリメントの分布
次は分布についての話です。分布とは血液中に取り込まれた薬やサプリメントを全身へ運ぶことを意味しています。分布の際には物質の大きさや油に溶ける(脂溶性)性質が重要になります。なぜなら、ただただ血液の中を巡って組織へ辿り着かなければ意味ありませんからね。このような性質を今回は解説します。
薬・サプリメントの代謝
今回は代謝についての話です。薬の代謝とは一般的な代謝とは少し違います。薬の代謝とは血液中に取り込まれた薬やサプリメントを、体外へ排出しやすい形に変えることを意味しています。薬の中には他の薬の代謝効率を上げたり、邪魔したりするものがあります。この原理をサプリメントにどう生かすかについて、今回は解説します。
腎臓の働き:尿の作り方
薬やサプリメントは尿として排泄されるケースが多いです。では、その尿ってどのように作られるのでしょうか?尿は腎臓で作られるため、腎臓が悪くなるとどうなるか?ということにも関わってきますので、確認してみましょう!
薬・サプリメントの排泄
最後は排泄についての話です。薬の排泄は一般的には腎臓で行われます。薬の飲み合わせの面で重要なのは吸収のところでも出てきたトランスポーターです。今回はセントジョーンズワートやイチョウ葉エキスとジゴキシンという薬の飲み合わせについて解説します。これを例にサプリメントを選ぶ際は、薬との飲み合わせを考慮頂ければ幸いです。
ジェネリック医薬品とは?
医療費の高騰で求められる医療費削減問題。中でも即効性のある政策としてジェネリック医薬品が長く注目されています。なぜならばお薬の値段を4割近く安くすることができるからです。そんなジェネリック医薬品がホントに効果があるのか?どうして安いのか?について解説します。
ジェネリック医薬品のメリット
ジェネリック医薬品を使う方に知ってもらいたいジェネリック医薬品のメリットを集めました。効果と価格はもちろん、より飲みやすく患者さんのためにをテーマに開発をしている製薬メーカーもあるんです。ただ安いからだけではなく、いろんな面からジェネリック医薬品を見てみましょう。
ジェネリック医薬品のデメリット
ジェネリック医薬品を使う方に知ってもらいたいジェネリック医薬品のデメリットを集めました。添加物と副作用はもちろん、私は薬のプラセボ効果も関係していると考えています。ただ安いからだけではなく、いろんな面からジェネリック医薬品を見てみましょう。

 
TOP サプリメントの品質・副作用 サプリメントに騙されている サプリメントの選び方