薬やサプリメントの体内の流れ

分解されると意味がない-吸収・分布・代謝・排泄-

薬やサプリメントは分解される

薬やサプリメントだけでなく、普通の食事でもそうですが、食べたものがそのまま身体に付くわけではありません。
毎日食べているお米も当たり前ですが、身体の中でお米になるわけではなく、エネルギーや余ったものは脂肪として蓄えられます。

 

毎日食べるであろうお米
お米そのものは「デンプン」というものからなり、唾液・胃液・膵液で消化され最終的に「ブドウ糖(グルコース)」になり、身体の中へ吸収されます。
吸収されなかったものは、便として排泄されます。

 

 

ブドウ糖エネルギー脂肪経路 

 

吸収された「ブドウ糖(グルコース)」「エネルギー」として使用されます。
エネルギーとして使用しきれない量のお米を食べると、「脂肪」として体内へ蓄えられます。

 

このように、いわゆる糖質と言われる「炭水化物」は、どんどん小さく小さくなっていって、通常私たちが普段使うエネルギーとして使用されますが、食べすぎると脂肪になる・・・

 

こういった原理から炭水化物の量を減らしましょうという「低糖質ダイエット」が流行しているんですね。

 

薬やサプリメントが効果を示すには

食べ物の場合は

 

  • 必要なものは使われる
  • 不必要なものは蓄えられる
  • 不必要なものは排泄される

 

これでいいと思います。
まぁ、脂肪として蓄えすぎると良くないですけどね(笑)

 

一方、薬やサプリメントはどうでしょうか?
せっかく口から摂りいれても、

 

  • 身体の中に吸収されず全部便として出てしまったら?
  • 身体の中で不必要と判断されたら?

 

高いお金を払ってるのにそれは困りますよね!

 

薬の場合、そういったことが起こらないように、ちゃんと試験がされています。
薬が身体の中でどういった動きをするのか(これを薬物動態といいいます)を確かめているんです。

 

薬には「吸収→分布→代謝→排泄」といったそれぞれの段階が効果に影響を与えます。
余談ですがこの「吸収→分布→代謝→排泄」の過程をADME(アドメ)と言います。

 

多分、何のことかさっぱりかと思うので、さっきのお米と同じように薬も考えてみましょう!

 

(消化→)吸収→分布→代謝→排泄=アドメ

さっきのお米の例では、「吸収→分布→代謝→排泄」については深く触れませんでしたが、詳しく書くと下記の流れになります。

 

薬吸収分布代謝排泄

 

  1. まず、胃腸で消化されます
  2. 食物繊維や便秘の薬、ミネラル分など吸収されにくいものは大腸を通り便になり排泄されます
  3. ブドウ糖(グルコース)やアミノ酸、薬物など吸収されやすいものは血液中へ取り込まれます
  4. 吸収された薬は肝臓で1回目の分解(代謝)を受けます
  5. 代謝されなかった残りが、患部へ運ばれ(分布)薬の効果を発揮します
  6. 身体の中を巡った薬は肝臓で代謝されます
  7. 肝臓で代謝されたもの、代謝されなかったものいずれも腎臓を通り尿として排泄されます

 

これが一般的な薬の流れです。

 

つまり薬は次のことを考えて設計されています。

 

  • 消化による影響を受けないように
  • 十分に血液中に吸収されるように
  • 1回目の代謝を肝臓でうけないように
  • ちゃんと目的の患部に薬が届くように
  • 身体に長時間残って悪さをしないよう、肝臓での代謝・腎臓での排泄ができるように

 

一方で、サプリメントについてはどうでしょうか?
薬と同じように身体の中でちゃんと働くよう設計されているでしょうか?
答えはNoです!

 

もちろん、ちゃんと試験をして考えて設計されているものもあるかと思います。
私は、そういったサプリメントをオススメしていますが、なかなか一般には出回っていないのが現状です。

 

この「消化→吸収→分布→代謝→排泄」の流れ
少なくともこれだけは確認してほしい項目があります。

 

サプリメント消化吸収代謝 

  • 消化
  • 吸収
  • 1回目の代謝

 

この3つです。

 

なぜこの3つが重要なのか?
「消化→吸収→分布→代謝→排泄」の流れを順に解説していきますね。

 

 

⇒BACK:薬はあらゆる試験で確かめられているが、サプリメントは試験されていない

 

⇒NEXT:薬やサプリメントの胃の中での影響

Sponsored Link


あなたにオススメのページ

薬は実際に効果があるか調べている
薬とサプリメントの一番の違いは効能・効果の記載があるかでしょう。もちろん記載しているということは十分な根拠があるのも薬です。一方、忘れがちなのが副作用。薬は副作用があって危ないという一面もありますが、副作用が起こった場合、国から治療費を補助してもらえるという制度をご存じでしょうか?薬の正しい知識を身に付けて、サプリメント選びに役立ててください。
薬に効果がある理由
薬にはサプリメントと違って必ず行わないといけない試験があります。その試験内容も非常に厳密なもので、プラセボ効果といった偽薬効果を排除しなければなりません。薬ではどのような試験が行われているのかを、今回は簡単に紹介します。
サプリメントは何も調べていない
意外とみなさん勘違いしているんですが、サプリメントや健康食品って、実際にヒトに使ってもらって効果があることを確認していないものが99%以上です。なのでよくテレビや広告で「個人の感想です」といった文言を見かけますよね。新たに開始予定の機能性表示も含めて、なぜサプリメントは試験をしないのかについて解説します。
薬・サプリメントの消化
まずは消化についての話です。消化とは吸収されやすい物質に分解されることを意味しています。残念ながらサプリメントの中には、全く消化・吸収もされず便に出てしまうという粗悪品もあるんです。なぜ、サプリメントにおいて消化が大切なのかを見てみましょう。
消化されないサプリメント
サプリメントの効果が気になる方!今回は実際に効果がないサプリメントの例を紹介します。ちゃんと胃腸で溶けることがどれだけ重要か、また一度開けた後というのは品質が変わりやすいです。つまり効果が無くなるかもしれないということ。きっとサプリメントを選び方に役立つでしょう!
薬・サプリメントの吸収
次はは吸収についての話です。吸収とは細かく消化・分解された物質が血液中に取り込まれることを意味しています。残念ながらサプリメントの中には、全く吸収もされず便に出てしまうという粗悪品もあるんです。なぜ、サプリメントにおいて吸収が大切なのかを見てみましょう。
吸収されているかの確認方法
サプリメントで一番重要なのは吸収率です。ただ、99%以上の製品は吸収率までデータを取っていません。薬はほぼ100%がデータ取ってるんですけどね。ここでは薬がどのようにデータを取っているかを確認しましょう。
サプリメント選びで最も重要なこと
どのサプリメントを選んだらいいか?このサイトに来ている方は一番の悩みでしょう。同じ成分のサプリメントを選ぶ場合、今回はビタミンCについてを選ぶ場合を例に挙げて、どんな情報を集めるべきかを解説しています。
薬・サプリメントの分布
次は分布についての話です。分布とは血液中に取り込まれた薬やサプリメントを全身へ運ぶことを意味しています。分布の際には物質の大きさや油に溶ける(脂溶性)性質が重要になります。なぜなら、ただただ血液の中を巡って組織へ辿り着かなければ意味ありませんからね。このような性質を今回は解説します。
薬・サプリメントの代謝
今回は代謝についての話です。薬の代謝とは一般的な代謝とは少し違います。薬の代謝とは血液中に取り込まれた薬やサプリメントを、体外へ排出しやすい形に変えることを意味しています。薬の中には他の薬の代謝効率を上げたり、邪魔したりするものがあります。この原理をサプリメントにどう生かすかについて、今回は解説します。
腎臓の働き:尿の作り方
薬やサプリメントは尿として排泄されるケースが多いです。では、その尿ってどのように作られるのでしょうか?尿は腎臓で作られるため、腎臓が悪くなるとどうなるか?ということにも関わってきますので、確認してみましょう!
薬・サプリメントの排泄
最後は排泄についての話です。薬の排泄は一般的には腎臓で行われます。薬の飲み合わせの面で重要なのは吸収のところでも出てきたトランスポーターです。今回はセントジョーンズワートやイチョウ葉エキスとジゴキシンという薬の飲み合わせについて解説します。これを例にサプリメントを選ぶ際は、薬との飲み合わせを考慮頂ければ幸いです。
ジェネリック医薬品とは?
医療費の高騰で求められる医療費削減問題。中でも即効性のある政策としてジェネリック医薬品が長く注目されています。なぜならばお薬の値段を4割近く安くすることができるからです。そんなジェネリック医薬品がホントに効果があるのか?どうして安いのか?について解説します。
ジェネリック医薬品のメリット
ジェネリック医薬品を使う方に知ってもらいたいジェネリック医薬品のメリットを集めました。効果と価格はもちろん、より飲みやすく患者さんのためにをテーマに開発をしている製薬メーカーもあるんです。ただ安いからだけではなく、いろんな面からジェネリック医薬品を見てみましょう。
ジェネリック医薬品のデメリット
ジェネリック医薬品を使う方に知ってもらいたいジェネリック医薬品のデメリットを集めました。添加物と副作用はもちろん、私は薬のプラセボ効果も関係していると考えています。ただ安いからだけではなく、いろんな面からジェネリック医薬品を見てみましょう。

 
TOP サプリメントの品質・副作用 サプリメントに騙されている サプリメントの選び方