サプリメントの効果:代謝

薬・サプリメントの代謝

代謝とは?

薬の代謝はどこでおこなわれるのでしょうか?
これまでのお話を読んで頂けてたらバッチリでしょう!

 

そう、薬の代謝は主に肝臓で行われます。

 

しかし、この薬の代謝ですが、一般的な代謝と薬における代謝は若干言葉の意味が異なります。
普通は「代謝」というと基礎代謝や新陳代謝を思い浮かべることでしょう!

 

基礎代謝:ヒトが毎日生活する上で必要なエネルギーを指します。
新陳代謝:古いものから新しいものへ変わるサイクルを指します。

 

一方で薬の話で「代謝」とは、薬物代謝のことです。

 

薬物代謝:薬を身体の外に出すために分解することを指します。

 

さて、薬を身体の外に出すとありますが、どこから外に出すのか?

 

便ではないですよ~☆
便は身体の中に吸収されなかったものの塊ですからね(^_^;)

 

ってことはもう尿しかありませんよね。

 

尿は主に何からできているかというと、ナトリウムや老廃物の尿素も含みますが約98%がお水です。
つまり水に溶ける、水溶性なんです。

 

あれっ、ここでひとつ疑問ですよね?
薬って油に溶ける脂溶性を示すものが多いって話をしましたよね。
なぜなら、吸収されやすいのも、身体の中で使われやすい(分布しやすい)のも脂溶性がいいと。

 

そう、薬の代謝とは、脂溶性の薬物を水溶性に分解して身体の外に出しやすくすることが目的になります。

 

薬と薬の飲み合わせ

グレープフルーツ

薬同士に飲み合わせがあることはみなさんもよくご存じでしょう!
中でも「グレープフルーツと血圧の薬を一緒に飲んではいけない」と聞いたことはありませんか?

 

これは、薬が効きすぎて、副作用が出る可能性が高くなるためです。

 

実はグレープフルーツだけでなく、夏みかんやはっさく、ぶんたんなども気を付けないといけません。
ちなみに、レモンやカボスは大丈夫ということです。

 

これはグレープフルーツ類中に含まれる「フラノクマリン類」と呼ばれるいくつかの成分が原因と言われています。

 

簡単に言うとこの「フラノクマリン類」が薬の分解を邪魔します。
分解されなかった薬は、いつもより長く身体の中にとどまるため、より効果が強くなるわけなんです。

グレープフルーツ相互作用

 

このとき「フラノクマリン類」が邪魔する物質のひとつをシトクロムP450(略CYP450)といい、これがいわゆる(薬物)代謝酵素のひとつなのです。

 

薬や食事の中にはこの薬物代謝酵素をブロックしたり、逆に代謝酵素をたくさん作るよう働きかけるものがあります。

 

そうなると、薬が本来の効き目以上に効いてしまったり、本来の効き目ほど効かなかったりするため、たくさんの薬を一度に飲むときは注意しないといけないんですね。

 

薬物代謝酵素阻害

 

薬物代謝酵素誘導

 

薬とサプリメントの飲み合わせ

薬や食事が薬の効果に与えるということは、
サプリメントも薬の効果に影響を与える可能性があります。

 

しかし、薬と食べ物の飲み合わせがあることがあまり知られていないように
薬とサプリメントの飲み合わせがあることもあまり知られていません。

 

知られていないというよりは、はっきりとわかっていないというのがホントのところです。
なぜなら、薬と違って開発段階で薬やサプリメントとの相互作用を確認していないんですね。

 

これはさすがにマズイと考えて国もやっと動き出しました。
消費者庁によって「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」が平成25年から開かれており、サプリメントの製造メーカーは薬との飲み合わせについて、十分に調べないと販売ができなくなるのではと言われています。

 

そして、今は依然よりも情報が集まっており、薬との飲み合わせに注意するサプリメントも増えてきています。
日本分析学会といった専門機関が出している注意すべきサプリメントの一部を示しておきます。

 

ニンニク サキナビル、リトナビル、ワルファリン、クロルプロパミド
トウキ ワルファリン
ビンロウジ プロサイクリジン
イチョウ

チアジド系利尿薬、トラゾドン、ワルファリン、
アスピリン、ジゴキシン

セントジョーンズワート

アミトリプチリン、ミダゾラム、シクロスポリン、テオフィリン、
イマチニブ、ワルファリン、ジゴキシン、インジナビル、
イリノテカン、メサドン、経口避妊薬、ロペラミド、タクロリムス、
シンバスタチン、ネファゾドン、セルトラリン、パロキセチン

チョウセンニンジン アルコール、フェネルジン、ワルファリン

http://www.jsac.or.jp/bunseki/pdf/bunseki2007/200709kougi.PDF

 

 

次は、サプリメントや薬を水に溶けやすくして尿になる流れを説明します。

 

 

⇒BACK:サプリメントは吸収されて全身へと行きわたる

 

⇒サプリメントはどうやって身体に外に出るのか?尿の作り方

Sponsored Link


あなたにオススメのページ

薬は実際に効果があるか調べている
薬とサプリメントの一番の違いは効能・効果の記載があるかでしょう。もちろん記載しているということは十分な根拠があるのも薬です。一方、忘れがちなのが副作用。薬は副作用があって危ないという一面もありますが、副作用が起こった場合、国から治療費を補助してもらえるという制度をご存じでしょうか?薬の正しい知識を身に付けて、サプリメント選びに役立ててください。
薬に効果がある理由
薬にはサプリメントと違って必ず行わないといけない試験があります。その試験内容も非常に厳密なもので、プラセボ効果といった偽薬効果を排除しなければなりません。薬ではどのような試験が行われているのかを、今回は簡単に紹介します。
サプリメントは何も調べていない
意外とみなさん勘違いしているんですが、サプリメントや健康食品って、実際にヒトに使ってもらって効果があることを確認していないものが99%以上です。なのでよくテレビや広告で「個人の感想です」といった文言を見かけますよね。新たに開始予定の機能性表示も含めて、なぜサプリメントは試験をしないのかについて解説します。
分解されると意味がない-吸収・分布・代謝・排泄-
薬やサプリメントに十分な効果があるとはどうゆうことか?これらが身体の中でどのような経路をたどるかを見なければ理解できません。せっかく飲んでも吸収されなかったら?せっかく飲んでも分解されてしまったら?サプリメントに関するさまざまな疑問を解説します。
薬・サプリメントの消化
まずは消化についての話です。消化とは吸収されやすい物質に分解されることを意味しています。残念ながらサプリメントの中には、全く消化・吸収もされず便に出てしまうという粗悪品もあるんです。なぜ、サプリメントにおいて消化が大切なのかを見てみましょう。
消化されないサプリメント
サプリメントの効果が気になる方!今回は実際に効果がないサプリメントの例を紹介します。ちゃんと胃腸で溶けることがどれだけ重要か、また一度開けた後というのは品質が変わりやすいです。つまり効果が無くなるかもしれないということ。きっとサプリメントを選び方に役立つでしょう!
薬・サプリメントの吸収
次はは吸収についての話です。吸収とは細かく消化・分解された物質が血液中に取り込まれることを意味しています。残念ながらサプリメントの中には、全く吸収もされず便に出てしまうという粗悪品もあるんです。なぜ、サプリメントにおいて吸収が大切なのかを見てみましょう。
吸収されているかの確認方法
サプリメントで一番重要なのは吸収率です。ただ、99%以上の製品は吸収率までデータを取っていません。薬はほぼ100%がデータ取ってるんですけどね。ここでは薬がどのようにデータを取っているかを確認しましょう。
サプリメント選びで最も重要なこと
どのサプリメントを選んだらいいか?このサイトに来ている方は一番の悩みでしょう。同じ成分のサプリメントを選ぶ場合、今回はビタミンCについてを選ぶ場合を例に挙げて、どんな情報を集めるべきかを解説しています。
薬・サプリメントの分布
次は分布についての話です。分布とは血液中に取り込まれた薬やサプリメントを全身へ運ぶことを意味しています。分布の際には物質の大きさや油に溶ける(脂溶性)性質が重要になります。なぜなら、ただただ血液の中を巡って組織へ辿り着かなければ意味ありませんからね。このような性質を今回は解説します。
腎臓の働き:尿の作り方
薬やサプリメントは尿として排泄されるケースが多いです。では、その尿ってどのように作られるのでしょうか?尿は腎臓で作られるため、腎臓が悪くなるとどうなるか?ということにも関わってきますので、確認してみましょう!
薬・サプリメントの排泄
最後は排泄についての話です。薬の排泄は一般的には腎臓で行われます。薬の飲み合わせの面で重要なのは吸収のところでも出てきたトランスポーターです。今回はセントジョーンズワートやイチョウ葉エキスとジゴキシンという薬の飲み合わせについて解説します。これを例にサプリメントを選ぶ際は、薬との飲み合わせを考慮頂ければ幸いです。
ジェネリック医薬品とは?
医療費の高騰で求められる医療費削減問題。中でも即効性のある政策としてジェネリック医薬品が長く注目されています。なぜならばお薬の値段を4割近く安くすることができるからです。そんなジェネリック医薬品がホントに効果があるのか?どうして安いのか?について解説します。
ジェネリック医薬品のメリット
ジェネリック医薬品を使う方に知ってもらいたいジェネリック医薬品のメリットを集めました。効果と価格はもちろん、より飲みやすく患者さんのためにをテーマに開発をしている製薬メーカーもあるんです。ただ安いからだけではなく、いろんな面からジェネリック医薬品を見てみましょう。
ジェネリック医薬品のデメリット
ジェネリック医薬品を使う方に知ってもらいたいジェネリック医薬品のデメリットを集めました。添加物と副作用はもちろん、私は薬のプラセボ効果も関係していると考えています。ただ安いからだけではなく、いろんな面からジェネリック医薬品を見てみましょう。

 
TOP サプリメントの品質・副作用 サプリメントに騙されている サプリメントの選び方