気になる油の摂り方

2018年2月25日これだけは知っておきたいサプリメントの選び方

スポンサーリンク

油はサラダ油?オリーブオイル?

オリーブオイル

ここで注意をしなければいけないのが油(脂)です。
外食産業で使われている油は、おそらく使いまわしされているサラダ油です。
脂分も体内でホルモンを作ったり、ビタミンを作ったりと、体にはある程度必要です。
しかし油の種類は選ばなければなりません。
身体の中に取り込むなら酸化されにくい油が良いとされています。
また、油にも作り方が2種類あり、油のもととなるゴマや菜種の種や種子を搾り出して作る
「圧搾法」と呼ばれるもの、
化学薬品を使って、油を取り出す「溶剤抽出法」と呼ばれるものです。
後者の「溶剤溶出法」は非常に安価で提供できるのですが、油以外の成分が残っている可能性がありますし、油以外の栄養素が失われています。
そのため、「圧搾法」と呼ばれる方法で作られた油を選んでください。

油で一番オススメするのは、医薬品のオリブ油

若干風味が変わりますが、価格的にもオススメなものが医薬品の「オリブ油」です。
医薬品のオリブ油と食用のオリーブオイルの違いは
純粋なオリーブオイルが医薬品のオリブ油
オリーブ以外の油を加え風味を良くしているものが食品のオリーブオイルです。
なので風味を楽しむ場合は向いていない場合もあります。
しかし、医薬品のものは食用ではありませんが、口に入れても問題がない高品質なものであり、「圧搾法」を使用しているため、口に合えば価格的にも品質的にも最も優れていることでしょう!
油の中でオリーブオイルが最も優れているというわけではありませんが、健康に気を付けているなら医薬品のオリブ油を使い、これも摂りすぎないようにという意識が大切です。

エキストラバージンオリーブオイルは何が違う?

普通のオリーブオイルとエキストラバージンオリーブオイルの違いを簡単に説明します。
エキストラバージンオリーブオイルとは、オリーブの果実を搾ってろ過しただけの、一切化学的処理を行わないバージンオイルで、酸度(遊離脂肪酸の割合)が100g当たり0.8gを越えないものを指します。

[日清オイリオHPより http://www.nisshin-oillio.com/q_a/2_q3.shtml]

と難しい説明がされていますが、要は、100%のオリーブ果実から絞り出した油のみでできている非常に純度が良いものということです。
価格は安いものなら500mLで500円程度、高いものなら5000円以上です。
一方、一般のオリーブオイルはオリーブのみでなく様々な油の混合物になります。
そのため、酸化されやすいという欠点はありますが、エキストラバージンオリーブオイルよりも風味が良く飲みやすい場合もあるんですね。

オリーブオイルの3分の1が虚偽表示

しかし、この安価な500円程度のエキストラバージンオリーブオイルですが、偽装表示の可能性が高いと言われています。
なぜなら、薬もサプリメントも同じで良い製品を作ろうと思えばそれなりのコストがかかり安くは手に入りません。
オリーブオイルも同じで、酸素や光によって製造時や輸送時に酸化されてしまいます。
本当に優れた製品は酸化されないように手間のかけ、そして時間をかけずに私たちに送り届ける必要があるのです。
そのため、500円程度で本物のエキストラバージンオリーブオイルを販売することはできないでしょう!
実は私はあまりエキストラバージンオリーブオイルをオススメしません!
というのも、これまでの話を読んで頂ければおわかりのように、どれが優れたエキストラバージンオリーブオイルかわからないためです。
そんな経緯もあり私は医薬品のものを使用しています。
風味はどうしても落ちますが、油の炒め物や揚げ物に重宝しています。
日本薬局方 オリブ油というものですが、製造メーカーが違っても品質は大きく変わりませんので一番安価なものを選んでいます。

⇒BACK:外食からは栄養を得られない

スポンサーリンク