高いサプリメントの業務停止命令

2018年2月24日サプリメントの品質・副作用

スポンサーリンク

高い高いサプリメントを購入していませんか?

サプリメント高い

サプリメントの価格帯ってホントにピンからキリですよね。
ダイソーをはじめとする100円均一で売られているものから、先ほどのMLMといったネットワークビジネスで使用されているものは月に数万円と非常に高価です。
そんな中、ついに明らかにサプリメントを高く、しかも無理やり買わせていたということで、ついに業務停止命令が出ました。
といってもこれまでにも多く報告はされているんですが、似たような業者が後を絶たないといったところです。

高齢者をターゲットに仕入れ値の70倍の価格で販売

さて、その悪徳業者の実態を紹介しますね。
簡単に言うと、

  1. 750円でサプリメント(商品名:神薙)を仕入れる
  2. 高血圧や糖尿病に効果があると言って電話勧誘を行う
  3. 52500円(750円の70倍の価格で販売する)

といったところです。
問題点はさまざまですが、
まずはビックリなのが750円の仕入れ値
仕入れ値が750円ということは、原価は少なくともその半分以下です。
それを52500円で販売する

高ければ良いサプリメントであるとは限らないということです

そして、高血圧や糖尿病に効果があると言うこと
もちろんそれらに効果はないですし、たとえ効果があっても医薬品ではないので、それうたうことはできません。
また、電話勧誘ということですが、かなりしつこい電話勧誘だったそうで、無理矢理商品を送り付けて代金引換でお金を支払うといった「送り付け商法」も増えているようです。
非常に残念ですが、ひとりになられたお年寄りをターゲットとした非常に悪質な商法です。
高齢の方は商品よりも会話目的でついつい買ってしまうといった感じでしょう。
同じような例をいくつかあげておきます。

電話による勧誘

最初は女性アルバイトが世間話を行い、その後病気や体調のことになると、担当者に代わるといった商法
その後、何度も電話をかけて会話を聞きつつも最終的に高額商品を売りつけます

講習会による勧誘

最初は、日常に不可欠なタマゴ1パック50円などの目玉商品を掲げて、お得な製品を販売しています!といった講習会に呼び込みます。
そこで集まった方に、最終的には高額な健康食品を売るというかなり典型的なパターンです。

高齢者施設へ売り込み

最初は、高齢者施設へ出向き、高齢者の話相手にひたすらなります。
2週間ほど共同生活をし、名前も覚えてもらい、信用してもらいます。
そうして、最終的には製品を勧めるのです。
この場合は繰り返し購入してもらうことが目的ではないため、サプリメントだけでなく、健康関連グッズ(サポーターや浄水器)などを販売します。

このようにサプリメントは値段が高ければ良いというものでもありませんので、ちゃんとしたルートから信頼できるメーカーの製品を購入してくださいね。

⇒BACK:アムウェイ・ニュースキンと言ったマルチの製品は高すぎる

⇒NEXT:嘘だらけのニュースキンセミナー

スポンサーリンク