アメリカで使用されているサプリメント

2018年2月25日未分類

スポンサーリンク

アメリカのサプリメント事情

アメリカは日本と違って皆保険制度ではありません。
そのため健康意識が高いことが知られています。
とはいえ肥満の人の割合も相当高いですが(笑)
少し古いですが、2002年のFDA(アメリカ食品医薬品局)の調査では、
過去1年以内に73%の人がサプリメントを使用したことがあるとされています。
中でも、最も使われているサプリメントはマルチビタミン・マルチミネラルです。
一方、2007年に行ったアメリカ全国健康調査では、
マルチビタミン・マルチミネラル以外の使用状況を報告しています。
調査結果は以下の通りです。

 

1.魚油・オメガ3系・DHA

37.4%

2.グルコサミン

19.9%

3.エキナセア

19.8%

4.フラックスシードオイル

15.9%

5.朝鮮ニンジン

14.1%

6.複合ハーブサプリメント

13.0%

7.イチョウ葉

11.3%

8.コンドロイチン

11.2%

9.ニンニクサプリメント

11.0%

10.コエンザイムQ10

8.7%

[Barnes, PM.,et al. 2008]

正しいサプリメントを選べば、これらの成分はある程度の使用経験があるため、副作用はなく一定の効果があるのではないかと思われます。

スポンサーリンク