グルコサミン

2018年2月25日未分類

スポンサーリンク

3種類のグルコサミン

サプリメントで扱うグルコサミンは大きく3つです。

  • グルコサミン硫酸塩
  • グルコサミン塩酸塩
  • N-アセチルグルコサミン

さて、これらの違いは何でしょうか?
グルコサミン硫酸塩は食品衛生法で摂取が制限されているため、考慮する必要はありません。ヨーロッパでは主流になっているようです。
グルコサミン塩酸塩は、エビやカニの殻の部分から作られています。日本のサプリメントではこの「グルコサミン塩酸塩」が主流です。
しかし、私は「グルコサミン塩酸塩」よりも「N-アセチルグルコサミン」をオススメします!
N-アセチルグルコサミンはグルコサミン塩酸塩より体内での使用される割合が3倍高いと言われています。
グルコサミン塩酸塩は身体の中でN-アセチルグルコサミンに代わるんですが、かなりの量が使用されないまま身体の外に出てしまうそうです。
そのため、もともとN-アセチルグルコサミンを飲む方が効率は良いということになります。
N-アセチルグルコサミン1000mg入っているサプリメントとグルコサミン塩酸塩1500mg入っているサプリメントでは、実はN-アセチルグルコサミン1000mgの方が2倍ほど効果が高くなるように設計されているのです。

グルコサミンの効果

適切な使用量は1日1000~1500mgと言われています。

スポンサーリンク