薬・サプリメントの排泄

2018年2月25日薬とサプリメントの違い

スポンサーリンク

排泄とは?

ついに最後になりました、「排泄」です。
「排泄」とはその字のごとく不要になったものを身体の外に出すことを指しています。
薬も使用された後は、肝臓で代謝されて、尿から排出されます。(肝臓での代謝をほとんど受けないものもありますが)
薬は腎臓の糸球体でろ過されるだけでなく、尿細管というところでも血液中から排出されます。
ここで、吸収の際にも出てきたトランスポーターが関連してくるのです。
薬の飲み合わせで問題になるのが、同じトランスポーターから排出される場合です。

ジゴキシンは相互作用に注意

有名なものでは心臓の薬のジゴキシンです。
ジゴキシンがP-糖タンパク質というトランスポーターを経由して排出されるため、同じトランスポーターから排泄される薬と一緒に飲むと、ジゴキシンが外に排出されにくくなり薬が効きすぎてしまうのです。

飲み合わせという面では、排泄時におけるトランスポーターが大事なんですね。

薬とサプリメントの飲み合わせ

先ほど述べたとおり、腎臓におけるトランスポーター(P-糖タンパク質)が重要です。
薬同様ジゴキシンとの飲み合わせが指摘されています。
うつ状態の方が飲むことの多いセントジョーンズワート、血流を良くするイチョウ葉エキスなどがジゴキシンの効き目を高めてしまいます。
このような情報を正しく理解して服用していればいいのですが、今後新たに飲み合わせが悪い組み合わせも出てくるかもしれません。
マルチビタミンやミネラルなど、普段食事に含まれている栄養分が影響を与えることは少ないかと思います。
一方で、ハーブ系のものや生薬由来のいわゆる医薬品に近い成分に注意してください!
 

サプリメント以外に薬を飲まれている方は、必ず医師・薬剤師に飲み合わせについて相談しましょうね。

⇒BACK:サプリメントはどうやって身体に外に出るのか?尿の作り方

⇒NEXT:薬とサプリメントの違いをジェネリック医薬品から学ぶ

スポンサーリンク